送り方、料金カテゴリの記事一覧

エアメールの料金

015.gifエアメールの料金

エアメールを送るときに一番気になるのは、やっぱり料金ですよね。
ここでは代表的な日本郵便での料金についてみていきたいと思います。
まず、通常郵便物で地帯を3つに分けて料金が違うみたいです。
次に、国際小包は4地帯で料金が違うようです。
また、EMS(国際スピード郵便)でも料金が変わるようなので確認しておきたいものです。
通常郵便物の場合は、発送手段を「航空便、船便、エコノミー航空(SAL)便」で発送できるサービスの種類が異なるようです。
また、手紙の定形・定形外などで料金が違うほか、発送するものの重さでも料金が違うようです。
例えば、中国にエアメールを通常郵便物で送った場合の料金ですが、発送手段が航空便で小型包装物の重さが50gまでのもので120円です。
同じ通常郵便物でも手紙の定形の場合は160円かかるみたいです。
また、ハガキの場合は、どこの国に送っても70円の均一のようです。
このように日本国内に発送する場合の料金とそんなに変わらないといったイメージです。
料金体系は複雑なため、日本郵便のホームページの国際郵便を見ることをお勧めします。

エアーメールの送り方

001.gifエアーメールの送り方

 エアーメールの送り方を参考に海外の知人に年賀状を送ってみようと思って
います。年賀状は書状か郵便はがきを使います。封筒の場合は国内で使うのと
同じでもいいですし、赤と青のストライプでお馴染みの国際郵便専用の封筒も
販売されています。
 海外の区域は第一から第三に分かれていて、第一はアジア他、第二は欧州、
北米、中米、中近東、オセアニア他、第三は南米、アフリカとなっています。
はがきは一律70円ですが、定形郵便は重さによって90円〜230円と違う
ので、もし不安な方は切手は貼らずに、郵便局の窓口で計量してもらってから
がお勧めです。窓口で料金を払ったらもうOK!国内郵便と同じで簡単です。
もちろん切手は日本で販売されている切手を使用します。
 私はハガキの宛先を書く面の左下に「VIA AIR MAIL」と書きま
す。これは船便「SUR FACE」と区別するためです。他にも、エアーメ
ールでも格安のエコノミー航空「SAL」もあります。料金は安いですが、優
先度が低いのでお急ぎでない方にお勧めです。
 送る国によって年賀状やクリスマスカードなど、いつまでに投函すればよい
か違うので郵便局に聞いてみましょう。私も早く書かないと・・・と思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。