エアメール住所や宛名の書き方

エアメールの宛名の書き方

007.gifエアメールの宛名の書き方

海外へものを送る場合エアメールを使いますが、宛名の書き方で悩んでしまいますよね。
ちゃんとルールに従って、書かないと届かない場合があるので、とても注意が必要です。
日本では、右上に郵便番号を書いて、都道府県、区市郡、区町村、町丁名、番地をまとめて、建物名と部屋番号ある場合は、次に建物名と部屋番号を書いて、最後に名前を書くのが一般的ですよね。
例えば、アメリカにエアメールを送る時の宛名の書き方ですが、ラベルの中央に横書きで4段から5段に分けて書きます。
まず、1段目は相手の名前です。
次からが住所なのですが、建物名と部屋番号があれば、建物名と部屋番号を記入します。
建物名と部屋番号がなければ、番地・町丁名・区町村の順番で記入します。
次に区市郡・都道府県の順に記入します。最後に郵便番号と国名を記入します。
つまり、日本で住所を書く順番と逆になるという点に注意が必要です。
また、海外に送るエアメールの場合、差出人である自分の住所などは、左上に書きます。
自分の住所を書くときも注意が必要で、「市」や「町」などは、英語の「city」や「town」ではなく、「shi」や「machi」または「cho」のように書きます。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。