エアメール住所や宛名の書き方

エアメールの料金

015.gifエアメールの料金

エアメールを送るときに一番気になるのは、やっぱり料金ですよね。
ここでは代表的な日本郵便での料金についてみていきたいと思います。
まず、通常郵便物で地帯を3つに分けて料金が違うみたいです。
次に、国際小包は4地帯で料金が違うようです。
また、EMS(国際スピード郵便)でも料金が変わるようなので確認しておきたいものです。
通常郵便物の場合は、発送手段を「航空便、船便、エコノミー航空(SAL)便」で発送できるサービスの種類が異なるようです。
また、手紙の定形・定形外などで料金が違うほか、発送するものの重さでも料金が違うようです。
例えば、中国にエアメールを通常郵便物で送った場合の料金ですが、発送手段が航空便で小型包装物の重さが50gまでのもので120円です。
同じ通常郵便物でも手紙の定形の場合は160円かかるみたいです。
また、ハガキの場合は、どこの国に送っても70円の均一のようです。
このように日本国内に発送する場合の料金とそんなに変わらないといったイメージです。
料金体系は複雑なため、日本郵便のホームページの国際郵便を見ることをお勧めします。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。